Gallery O2

galleryoii.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 28日

兼行誠吾 展

f0201649_14581665.jpg

兼行誠吾 展 KANEYUKI Seigo Ceramics

2016年8月26日(金)〜9月6日(火)
11.00-18.00 水曜休

作家が「光の帯」と呼ぶ「線蛍」は
蛍手を発展させた独自の技法である。
丁寧に挽いた轆轤の白いプロポーションからこぼれる光の線が
危うい緊張感と美しさを湛えて、まことにチャーミングなのである。
近年の緑釉「杜」シリーズと合わせて是非ご高覧ください。

Hotarude, a decorative technique in ceramics whereby small holes are filled with transparent glaze.
The transparent glazed dots resemble fireflies, which in Japanese are called “hotaru”,
from which the name of the technique is derived.
The artist of this exhibition uses a unique technique to create full length lines of hotarude,
which he calls sen hotaru, which in a literal translation means “lines of fireflies”.

The exquisite light spilling through these thin lines embedded in the traditionally crafted white forms invokes a frisson of tension
between the ethereal and material that is at once beautiful and charming.


経歴:

兼行 誠吾(かねゆき せいご)

1979年 岡山市生まれ
2007年 多治見工業専攻科 陶磁科学芸術科 卒業
2008年 益子陶芸展 審査員特別賞
2009年 めし碗グランプリ展 審査員特別賞
2009年 ながさき陶磁展 大賞
2010年 瀬戸市に工房を構える
2010年 テーブルウェア・フェスティバル 優秀賞
2010年 ビアマグランカイ 審査員特別賞
2011年 酒の器展 大賞
2011年 国際陶磁器展美濃 入選
2012年 テーブルウェア・フェスティバル 大賞
2012年 茶の湯の現代-用と形-展 入選
2014年 美濃陶芸 庄六賞茶盌*展 入選
2015年 現代茶陶展 TOKI織部奨励賞




by gallery-o2 | 2016-08-28 15:00 | 2016年展覧会 Exhibitions


<< 北國新聞(2016/8/31)      金沢のキュレーションメディア「... >>