人気ブログランキング |

Gallery O2

galleryoii.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Eric ChanデジタルアートPerf( 8 )


2010年 02月 22日

Eric・SL・Chan come back to Japan

eepmon x yoshizawa2
ニューメディアアートと音楽が創出する新しいミュージカルムーヴメント


去年5月にギャラリーオーツーにて個展を開催し日本デビューを果たしたエリック・SL・チャンが再来日。
ニューメディアアーティストとしての多彩な表現活動を披露する。

銀座7丁目に新たにオープンする新ヤマハ銀座ビルにおいて、
高名なリコーダー奏者の吉澤 実氏、マルチプルギタープレーヤー吉澤洋治氏、eepmon(エリック・S・チャン)の
インタラクティブパフォーマンスを開催する。

デジタルアートと即興演奏とのセッションはスリリングで予想がつかない展開。
eepmon(エリック)はビジュアルだけではなく、
演奏中の即興の音を拾いながら第二幕へつなげる仕掛けを作っていく。

音のドラマとビジュアルのダイナミズムが
どのように融合していくのかが見どころ、聴きどころ。
f0201649_23182769.jpg
このパフォーマンスのウェブサイトは
http://yamaha.eepmon.com

新ヤマハ銀座ビル
中央区銀座7-9-4
ヤマハ銀座サロン 6F
2010年4月4日(日)午後2時半開場・午後3時開演
New Yamaha Ginza
7-9-4 Ginza Chuoh-ku
Yamaha Ginza Salon 6th floor
Sunday, April 4th, 3pm (Doors open at 2pm)

by gallery-o2 | 2010-02-22 23:11 | Eric ChanデジタルアートPerf
2009年 05月 28日

Eric Sze-lang Chan展

Eric Sze-Lang Chan
" Intersections "


カナダからアーティストを迎えて
アートインスタレーションとライヴパフォーマンスの展覧会

クリック↓
f0201649_23541198.jpg
2009年5月20日(水)-30日(金) 11:00~19:00 月曜休


エリック・シーラング・チャンは、
中国系カナダ人として二国の文化を有するマルチメディア・アーティストです。
彼のふたつの異なる遺伝子の記憶が交差する時、
ひとつの個としてあらたなる文化が芽生えていくアイデンティティの探求を、
ビジュアルアートに置き換えて表現します。

「人とテクノロジー」を象徴的ツールとして
「混沌と秩序」を重ね合わせる表現運動は、
アイデンティティのミステリーを巡る無限の旅であり、
その途中で産み落とされる絵画は、
自己を映す鏡であると同時に彼の足あとでもあります。

プロジェクターが投影するイメージは、
作家が開発したコンピュータプログラムに沿って取り込まれる気象データや環境音によって変化を遂げ、
その上にキャンバスを重ねハンド・ドローイングでイメージを膨らませて制作しています。

ライブパフォーマンス・スケジュール
5/20 (初日・水) 6pm~ライブパフォーマンス
5/23 (土) 5pm~アーティスト・トーク、ライブパフォーマンスとパーティ
5/24 (日) 6pm~ライブパフォーマンス
f0201649_013887.jpg


1980 カナダ オンタリオ州生まれ
2003 アルゴンクイン・カレッジ(カナダ)工学部 卒業
2006 FITC(カナダ国内)ポートフォリオ最優秀学生賞
2008 カールトン大学工学部マルチメディアデザイン科 卒業
     国際コンピュータアート学生部門 優秀賞(イラストレーション)
     マイクロソフト社Xbox360 ヴィジュアルキャンペーンの制作
     ヴァンクーバー美術館、 ヴィジュアルパフォーマンス
2009 カナダ文化省 作品買い上げ
     MYX Café イラストレーション個展 (USAフロリダ)
     Gallery OⅡライブパフォーマンスとドローイング展
2010(予定) オタワ現代美術館 展覧会

http://tour.eepmon.com
http://eepmon.com

by gallery-o2 | 2009-05-28 18:30 | Eric ChanデジタルアートPerf
2009年 05月 28日

どしゃ降りの雨の日に描く

28日は雨。インターネットから送られる情報が画像に反映されると・・・
f0201649_16211884.jpg


by gallery-o2 | 2009-05-28 16:23 | Eric ChanデジタルアートPerf
2009年 05月 27日

Eric in 六本木

Eric Chanが六本木に出現!
クライン・ダイサム・アーキテクツ主宰の「ぺちゃくちゃないと」。
デザイナー、クリエイターが集まる場として世界的に広まっている。
f0201649_1852334.jpg
満場の観客を前に彼のコンセプトをプレゼンテーション。
切れ味の良い語り口、そして彼のスマイルに拍手喝采を受ける。

by gallery-o2 | 2009-05-27 23:45 | Eric ChanデジタルアートPerf
2009年 05月 25日

Eric Chan "beauty"

パフォーマンスごとに絵の様子が変化します。
f0201649_2113634.jpg
インターネットで受信する天候によって、
プロジェクタが映すイメージや色彩も変化。

by gallery-o2 | 2009-05-25 21:18 | Eric ChanデジタルアートPerf
2009年 05月 25日

Eric Chan パフォーマンス後のパーティ

20,24,25日とパフォーマンスを重ねるたびに人が集います。
25日はイラストレータで墨絵画家のCHONTOさんがお友達と来てくれました。
f0201649_2173089.jpg

f0201649_2183474.jpg


by gallery-o2 | 2009-05-25 21:10 | Eric ChanデジタルアートPerf
2009年 05月 21日

Eric Sze-lang Chan - INTERSECTIONS -

中央壁にキャンバスを張り、ライブペインティングがはじまりました。
プロジェクターから出力する光のイメージが、
音とともに形や色を変えて消えては現れ変化していきます。
Ericはその上にアクリルペイントを重ね合わせてキャンバスに描いていきます。
f0201649_1201641.jpg

絵の具のストロークと光のイリュージョンがギャラリー空間を満たす時間。
パフォーマンスを見守る来場者の人たちの真剣なまなざしに、
会場は心地よい緊張感にあふれていました

by gallery-o2 | 2009-05-21 01:22 | Eric ChanデジタルアートPerf
2009年 05月 19日

Eric Chan "INTERSECTIONS"

INTERSECTIONS 1(left) and 3(right) 83 x 102 x 3cm (45号)
f0201649_23593991.jpg
"INTERSECTIONS" 夕方から始まった搬入とパフォーマンスのセットアップ準備。

3点だけのキャンバス設置にどうしてこんなに時間がかかるの?などと思いながら
やっと10時ごろフィニッシュ。

ハイパー・テクノボーイ作家についていくのに必死で体力勝負では負けそうですが、
商業ギャラリーとしてはユニークな展覧会企画に力が入ります。
f0201649_0432092.jpg


by gallery-o2 | 2009-05-19 23:55 | Eric ChanデジタルアートPerf