人気ブログランキング |

Gallery O2

galleryoii.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2013年展覧会( 21 )


2013年 12月 11日

古川葉子展 ― はれの日観音と吉祥どうぶつ ―

古川葉子展
― はれの日観音と吉祥どうぶつ ―

2013年12月14日(土)~23日(日)
12.00-18.00 木曜休
初日14日4pm~ オープニングパーティ

クスノキで丁寧に彫る観音様や吉祥どうぶつ。
独自の世界観と美しい彩色で表わす観音像や干支の縁起もの。
是非ご高覧賜りますよう お待ち申し上げます。
f0201649_1445189.png
日向観音
f0201649_2020283.jpg


蛤蜊観音(こうりかんのん)
三十三観音のひとつ。
蛤をことのほか好んだ文宗帝が、
るとき蛤から出現した観音の説法により一大因縁を悟ったといわれている。
これもまた福寿の姿なり。
f0201649_16313235.jpg




お気になるものがありましたら
ギャラリーオーツーまで
お気軽にお問合せください。
アクセスマップ

by gallery-o2 | 2013-12-11 14:45 | 2013年展覧会
2013年 11月 15日

那須勲 ジュエリー展「天の沼矛(あめのぬぼこ)の物語」

2013年12月7日(土)~11日(水)
那須勲 ジュエリー展「天の沼矛(あめのぬぼこ)の物語」

日本の伝統工芸の粋を集めたジュエリー。
金工、漆蒔絵、組みひもなどを組み合わせ
現代的でインパクトのある装飾が魅力的なジュエリー。

タイトル「天の沼矛」剣をかたどったネックウエアを中心に、
また石や蒔絵を施したネックレスなど
ひとつひとつがオーセンティックジュエリーとしてミステリアスな美しさを放ちます。
f0201649_1372015.jpg


by gallery-o2 | 2013-11-15 20:55 | 2013年展覧会
2013年 11月 13日

大湯浩之 木工のしごと展

大湯家具の仕事をさらにご紹介します。
拭き漆の大皿¥21,000- 47 x 30cm
f0201649_205737.jpg

拭き漆の長皿 約45 x 21cm ¥12,600~15,740-
ナチュラル仕上げパン皿 29 x 19cm ¥6,300-
f0201649_2093754.jpg

コーナーエンドテーブル(写真)直径43 x 高60cm ¥52,500-
他 同じ仕様でサイズ違いのラウンドテーブル直径48cm¥57,750-直径53cm ¥63,000-
背もたれ椅子 座面高40cm ¥63,000-
f0201649_20135335.jpg


by gallery-o2 | 2013-11-13 20:37 | 2013年展覧会
2013年 11月 09日

大湯浩之 木工のしごと展

大湯浩之 木工のしごと展
2013年11月9日(土)~15日(金)

f0201649_0425368.jpg


初日朝、自作の椅子でくつろぐ大湯浩之氏。庭からいろいろな緑をみつけて飾り付けをしていただきました。
f0201649_1310564.jpg

クルミ材のスモールベンチ。大湯家具の軽やかなセンスが光る。売約
f0201649_13134391.jpg


by gallery-o2 | 2013-11-09 00:42 | 2013年展覧会
2013年 10月 22日

ツブサディレクション・YABAIZOこれ!

ツブサディレクション・YABAIZOこれ!
クロージング茶会のお知らせ

2013年11月3日(日)、4日(月祝)

現代茶会のコーディネートの達人、加籐 委氏が
ギャラリー内の3畳間を使って「ゲーテの茶席」を作ります。
道具立てもユニークな取り合わせで真に楽しそうです。

茶道の流儀を超えた「茶を一服、もてなすココロ」
つぶさ流のお手前をご堪能ください。

主人 : 加籐 委 (薄茶席)
協力 : 創作和菓子「手毬」 御園井裕芙子
予約制 両日各15名
f0201649_17171438.jpg

ギャラリーまでお申し込みください
03-5709-1050
galleryoii@gmail.com

Gallery O2 アクセスマップ


by gallery-o2 | 2013-10-22 17:17 | 2013年展覧会
2013年 10月 10日

ツブサディレクション・YABAIZOこれ!

-ツブサディレクション ・ YABAIZOこれ!-
2013年10月19日(土)~11月4日(月)
12:00-18:00  毎木曜休 

本展は陶芸家 加籐 委(つぶさ)氏の企画立案による
「漆芸」「金工」「陶芸」の分野から6人の工芸家作品で構成され、
ベテランと若い世代の作家たちが入り混じり、
ものづくりに精錬する彼らの
豊かで個性溢れた造形や経験が生む手わざの妙が期待されます。

みどころとして、
日本の「刀剣」という独自の世界を工芸の視点から眺め、
古来の和鉄(たたらづくり)の一口(一刀)から金工の原点を探り
日本工芸の美意識を見いだしてみようと試みます。

時代の文化が交差しながら、
また、伝統のカタチを変えながら
今に息づく工芸の快味を
何卒ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

出展作家 :
高羽弘宗(刀匠)
武田享恵(鍛金)
角 好司(漆)
渡邊 希(漆造形)
田淵太郎(薪窯白磁)
加籐 委(磁器)

会期中スケジュール :
お話会とパーティー 初日10月19日(土)午後3時~ 
ディレクター 加籐 委のショートストーリー
インタヴュー : 加籐委(聞き手)→ 高羽弘宗、武田享恵、田淵太郎
角 好司、渡邊 希
お話会後、オープニングパーティー(午後6時半~)

クロージング茶会
11月3日(日)、4日(月祝)午後1時半~4時 
主人 : 加籐委(かとうつぶさ) (薄茶席一席)予約制 両日各15名 
協力 : 創作和菓子「手毬」 御園井裕芙子
f0201649_16121134.jpg

f0201649_16135883.jpg
高羽弘宗 (TAKABA Hiromune)
1954 岐阜県関市 生まれ
1973 父 高羽誠に入門
1978 製作承認
1979 「新作刀剣展」努力賞 受賞
   (財)日本美術刀剣保存協会
「新作刀剣展」入選
以降 毎年入選
1999 同展 特賞(全日本刀匠会理事長賞)受賞
2000 同展 優秀賞 受賞
2001 同展 優秀賞 受賞
 関市善光寺の修復工事に際し
本堂に使用された和釘を利用して短刀を製作
 人間国宝 故宮入行平(宮入一門会) 会員
f0201649_16152988.jpg
武田享恵 (TAKEDA Takae)
1968 北海道札幌市生まれ   
1992 北海道教育大学札幌校 特設美術科 卒業   
1994 北海道教育大学札幌校 金属工芸研究室 研究生修了
1995 初個展 ギャラリー ミヤシタ 札幌
2003 「北海道立体表現展」06' 08' 10' 北海道立近代美術館 札幌
2010 「試みの茶事—北の丸大茶会」東京国立近代美術館工芸館
f0201649_16173089.jpg

角 好司 (KADO Koshi)
1949 石川県輪島市生まれ
1969 蒔絵師村木文三郎氏に師事
1982-86 「日本海造型会議展」石川県立美術館
1984-85 「EST・立体展」石川県立美術館
1988 初個展 エムザギャラリースペース 金沢
1993 「塗りの系譜展」東京国立近代美術館工芸館
「現代10人展」立川ルミネ 東京
1996 「現代日本の漆芸展」ニューヨーク、デンバー
「現代日本の工芸展」世界巡回展 国際交流基金
2000 「日蘭交流400年記念・現代漆芸展」アムステルダム
f0201649_16181366.jpg

渡邊 希 (Watanabe Nozomi)
1981 北海道札幌市 生まれ
2004 東北芸術工科大学芸術学部 卒業
「DEL BELLO URUSHI 」サラマンカ・トレド・バルセロナ巡回 スペイン
2006 大学院修了制作 買上
青森県弘前市で塗師・松山継道氏に師事。
2007 「漆の美展」にて日本特用林産振興会会長賞受賞。
2008 初個展 大丸藤井セントラル 札幌
乾漆を主体に制作
2010 「立体表現展 '10」北海道近代美術館、本郷新記念札幌彫刻美術館
2012 「会津・漆の芸術祭」会津若松市・b-prize 
f0201649_16194156.jpg

田淵太郎 (TABUCHI Taro)
1977 香川県 生まれ  
2000 大阪芸術大学工芸学科陶芸コース 卒業  
2003 初個展「田淵太郎 陶展」高松市塩江美術館主催       
第21回 朝日現代クラフト展 優秀賞  
2005 第7回国際陶磁器展美濃 入選  
2007 高松市塩江町に穴窯築窯  
2008 「塩江アートプロジェクト 田淵太郎展」高松市塩江美術館主催  
2013 香川県文化芸術新人賞受賞
f0201649_16205352.jpg

加籐 委 (KATO Tsubusa)
1962 岐阜県多治見市 生まれ
1979 多治見市意匠研究所 終了
1986 尼ヶ根古窯発掘調査参加及び保存運動展開
1989 初個展 サボァ・ヴィーブル 東京
岐阜県富加町川小牧・妙心寺派智勝院に転居 薪窯築窯
1996 「磁器の表現・90年代の展開」東京国立近代美術館工芸館
1998 NHKやきもの探訪「『土を切る』加籐 委」放映
1999 「ファエンツァ・愛知・ソウル展」ソウル
2007 美濃茶会主催 多治見修道院
2009 多治見市小名田町に転居 築窯
2013 日本陶磁協会賞受賞
第七回円空賞 大賞受賞
小名田町に薪窯築窯



お気になるものがありましたら
ギャラリーオーツーまで
お気軽にお問合せください。
アクセスマップ

by gallery-o2 | 2013-10-10 22:00 | 2013年展覧会
2013年 09月 23日

TOMOの服-秋の新作ー

TOMOの服 -秋の新作-
2013年9月28日(土)~10月4日(金)
12-18時 会期中無休

黒檀染の手織シルクを贅沢に使ったシンプルな服。

おろし立てのしっかりした結城紬にも似た風合いは
丁寧に着つづける楽しみを秘めています。

*黒檀染ワンピースは Gallery O2 とのコラボレーションで製作され、限定販売となります。
f0201649_219530.jpg

同じく黒檀染の手織りシルクコート
f0201649_033068.jpg
羽のように軽く、高級感があり、優しく体を包みます。


ジャケットなど裏地もシルクにこだわり、贅沢な味わい。
新作のカジュアル白コットンのシリーズが初お目見えで
抗菌作用が優れたヘンプ手織りのアイテムも出揃います。

この秋からはじまるTOMOの新作の服
何卒ご高覧頂きますようお待ち申し上げます。

by gallery-o2 | 2013-09-23 10:00 | 2013年展覧会
2013年 09月 17日

Metalwork Now-金工家四人展-

Metalwork Now-金工家四人展-

2013年9月14日(土)~25日(水) 木曜休 12-18時

若手の金工家の仕事から金属工芸の魅力を探ります。
鍛金、鋳金、透かし彫りの技法と
金属の色彩の美しさや造形をご覧頂きます。

作家 :
・石垣 覚(鋳金)
・久米圭子(彫金
・河野迪夫(鍛金)
・柴田早穂(鋳金)
f0201649_16401257.jpg

久米圭子(彫金) 「things」
f0201649_1325776.jpg

河野迪夫(鍛造、彫金) 「流魚」
f0201649_1351738.jpg



◾︎ お問い合わせ先
→ ギャラリーオーツー金沢(アクセス)
〒920-0919 石川県金沢市南町5-12-4F
Email galleryoii(at)gmail.com
TEL 090-6523-2011
※ メールは(at)を@マークに変えてください。
※ 電話はギャラリー開廊時間に準じます。



by gallery-o2 | 2013-09-17 01:40 | 2013年展覧会
2013年 07月 17日

徳丸鏡子展

徳丸鏡子 展

2013年7月13日(土)~28日(日)
12-18時  21(日)、22日(月)休廊
初日13日(土)午後5時半~アーティストトークとパーティ

盛り花のような多層的オブジェの
ひんやりした質感は白磁である。

ひと頃の作品の力強い過剰装飾は
炎のカオスから いつしかうつろい、
オブジェから湧き出した泉は
生命を与える水のような神聖さを湛えている。

陶造形の幻想的オブジェの世界、ぜひご高覧ください。
f0201649_2217553.jpg


by gallery-o2 | 2013-07-17 00:16 | 2013年展覧会
2013年 07月 02日

佐合道子展-昇華-

佐合道子展 -昇華-

2013年7月6日(土)~10日(水) 無休 最終日16時まで

この度、西新橋のイー・スペースいそがやをお借りして佐合道子展を開催します。
日比谷公園が近くのオフィス街、地下鉄4線、JR新橋と便利な立地です。
是非足をお運び頂きますようお待ち申し上げます。
(会期中作家、O2池田在廊)

会場:ギャラリーいそがや
〒105-0003 東京都港区西新橋1-4-12 新第一ビル7F
地図はこちら→ http://www.isogaya.co.jp/index_jp.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
f0201649_1354297.jpg
私にとって作品は私そのものである。
その作品や自身の存在確認としての制作行為は、不確かな私を昇華する過程である。
本展では、骨格を支える背骨より着想を得て、
私の中心にあるものを体現することを試みました。(佐合道子)


f0201649_15155894.jpg
作品部分 (撮影:鶴田義久)



問い合わせ先
→ ギャラリーオーツー金沢(アクセス)
〒920-0919 石川県金沢市南町5-12-4F
Email galleryoii(at)gmail.com



by gallery-o2 | 2013-07-02 01:40 | 2013年展覧会