人気ブログランキング |

Gallery O2

galleryoii.exblog.jp
ブログトップ

タグ:造形 ( 27 ) タグの人気記事


2018年 09月 25日

青沼優介 -息の触り心地について-

f0201649_10372226.jpeg
青沼優介 展
息の触り心地について
2018年9月16日(日)~10月8日(月)
13.00-18.00 水、木休廊
初日午後5ー6時 アーティストトーク

作家は軽やかに空を舞うたんぽぽの綿毛に着想を得て都市景観を作った。
綿毛のしなやかな姿が群となり浮遊感漂う建築が次々と形作られそしてひとつの都市となった。

f0201649_14005836.jpg

たち表れたその都市は賛美的で無垢な世界観で満たされた、誰もがたんぽぽの綿毛に夢を馳せるようにナイーヴなココロをもった都市図である。
本展では水や風、光りを用いた動きや奥行きのあるインスタレーションが展開される予定。

*この度TBS日曜ドラマ「この世界の片隅で」において、彼のたんぽぽの作品がアートイメージとして起用されました。



by gallery-o2 | 2018-09-25 14:11 | 開催中の展覧会 Current
2018年 08月 10日

本郷仁 ー 似て非なるもの ー

本郷仁展は無事終了いたしました。
たくさんの方々にご来場いただきました。インタラクティヴな展覧会は、作品と人がおのずと一体になり、観客の楽しみ方がそれぞれです。動画や写真を撮って自由に遊んでいただけたのもよかったと思いました。
美術館とはまた一味ちがった空間でのインスタレーションをうまく表現していただけた本郷仁氏に心から感謝御礼申し上げます。
f0201649_22104538.jpg


by gallery-o2 | 2018-08-10 22:13 | 2018年展覧会
2018年 07月 13日

本郷仁展 其2

本郷仁展 ー 似て非なるもの ー

f0201649_16043380.jpg
展覧会タイトルを手作りして頂いています!
f0201649_17403259.jpg
この入り口から入っていきます。少しクラッとしますが・・



by gallery-o2 | 2018-07-13 17:43 | 開催中の展覧会 Current
2018年 07月 13日

本郷仁 ー 似て非なるもの ー

f0201649_16023895.jpg
本郷仁展 ー 似て非なるもの ー 1.


2018年6月22日(金)~7月22日(日)
13.30 - 18.30

展示内容
鏡を用いた立体作品を中心としたインスタレーション

コメント
「実像」、現実を写す鏡のなかの「虚像」。
鏡のインタラクティブなインスタレーションは「虚と実」の混沌のなかで鑑賞者を幻覚的感覚へといざなう。



f0201649_16385099.jpg




by gallery-o2 | 2018-07-13 13:12 | 開催中の展覧会 Current
2017年 07月 03日

ガラス造形の未来学展vol.4の会場から(伊藤真知子作品)

ガラス造形の未来学 vol.4 より作品紹介
~ 伊藤真知子氏 ~


伊藤はグラスファイバーに着目した造形作家である。

言語学を修めた後、繊維関係の職に就くが、
ガラスと出会い、作家の道を歩む。
その後、ガラス繊維と出会ったことで、造形へのチャレンジを決心。

美しい光沢を持つガラスの糸によって
彼女の作風はどのように導かれていくのだろうか。

21世紀のガラスは
かならずや、面白くなるにちがいない。
f0201649_10165254.jpg


◾︎ お問い合わせ先
→ ギャラリーオーツー金沢(アクセス)
〒920-0919 石川県金沢市南町5-12-4F
Email galleryoii(at)gmail.com
TEL 090-6523-2011
※ メールは(at)を@マークに変えてください。
※ 電話はギャラリー開廊時間に準じます。




by gallery-o2 | 2017-07-03 10:05 | 2017年展覧会 Past
2017年 07月 03日

ガラス造形の未来学展vol.4の会場から(小林千沙作品)

ガラス造形の未来学 vol.4 より作品紹介
~ 小林千沙氏 ~

吹きガラスと和紙を用いて表現する手法。

たゆたうフォルムは、吹きガラスに気持ちを乗せるように
ポエティックな風情がある。

ガラスの表面を薄い紙で覆っているが、
素材感を抑制しながらも、やはりガラスでしか表現できない造形。
イメージドローイングと吹き竿の一体感に才能を感じさせる。
f0201649_10051741.jpg
小林千沙 作 「痂皮を纏いて2」 部分
H54 × W56 × D36 cm / 吹きガラス、和紙 2017年




◾︎ お問い合わせ先
→ ギャラリーオーツー金沢(アクセス)
〒920-0919 石川県金沢市南町5-12-4F
Email galleryoii(at)gmail.com
TEL 090-6523-2011
※ メールは(at)を@マークに変えてください。
※ 電話はギャラリー開廊時間に準じます。




by gallery-o2 | 2017-07-03 10:00 | 2017年展覧会 Past
2017年 07月 03日

ガラス造形の未来学展vol.4の会場から


2017年6月14日〜7月2日に開催した ガラス造形の未来学 vol.4
ギャラリーオーツーではこのように紹介しました。

ガラスという共通点はありますが、
その表情、質感、技法はそれぞれ異なり
ガラス造形の未来を示唆します。
f0201649_22475456.jpg
(写真提供:出展作家のひとり、ガラス作家の今井瑠衣子)


ガラスの可能性がつよく伝わってくる、
見応えある展覧会であった等の感想をいただきました。




◾︎ お問い合わせ先
→ ギャラリーオーツー金沢(アクセス)
〒920-0919 石川県金沢市南町5-12-4F
Email galleryoii(at)gmail.com
TEL 090-6523-2011
※ メールは(at)を@マークに変えてください。
※ 電話はギャラリー開廊時間に準じます。




by gallery-o2 | 2017-07-03 09:00 | 2017年展覧会 Past
2017年 06月 14日

ガラス造形の未来学 vol.4-The Shape of Glass to Come vol.4-


f0201649_20551334.png





◾︎ お問い合わせ先
→ ギャラリーオーツー金沢(アクセス)
〒920-0919 石川県金沢市南町5-12-4F
Email galleryoii(at)gmail.com
TEL 090-6523-2011
※ メールは(at)を@マークに変えてください。
※ 電話はギャラリー開廊時間に準じます。




by gallery-o2 | 2017-06-14 20:30 | メディア紹介 Coverage
2017年 06月 08日

ガラス造形の未来学 vol.4 いよいよ6/14から始まります

ガラス造形の未来学 vol.4
- The Shape of Glass to Come vol.4 -


2017年6月14日(水)~7月2日(日)

『ガラス造形の未来学-The Shape of Glass to Come -』は
ギャラリーオーツーがシリーズでおこなっている企画展です。
第4弾は、金沢で初めての開催となります。



f0201649_20132716.jpg




◾︎ お問い合わせ先
→ ギャラリーオーツー金沢(アクセス)
〒920-0919 石川県金沢市南町5-12-4F
Email galleryoii(at)gmail.com
TEL 090-6523-2011
※ メールは(at)を@マークに変えてください。
※ 電話はギャラリー開廊時間に準じます。




by gallery-o2 | 2017-06-08 20:00 | 2017年展覧会 Past
2017年 05月 12日

ガラス造形の未来学 vol.4-The Shape of Glass to Come vol.4-

- The Shape of Glass to Come vol.4
ガラス造形の未来学 vol.4

2017年6月14日(水)~7月2日(日)
13.00 – 18.00 月・火曜日休廊

東京において2012年から継続しています「ガラス造形の未来学」展は
あらたに場所を金沢に移し、ガラス造形のメッカ北陸で制作活動する四人の作家を選びました。

ガラスを素材とする視点と考察から生まれる造形が、
一般的概念としての美術工芸を超えて解き放たれた「ガラス工芸に進化をもたらす未来のすがた」と捉え、
21世紀のガラスの可能性を探求する若き精鋭たちの仕事を紹介していくのが本展の試みです。

ガラスを扱う困難さ、さまざまな制約の中で
ガラスと向き合い、新しい技法やアイデアを探り造形する作家たちの作品群を是非ご高覧ください。

出展作家
・伊藤真知子
・今井瑠衣子
・小林千紗
・津守秀憲

f0201649_15112381.jpg
伊藤真知子 「糸は繋ぐ」2017 H27 x W90 x D50cm ファイバーグラス

伊藤真知子 ITO Machiko
1979年 沖縄県生まれ
2002年 琉球大学法文学部国際言語文化学科卒業
2011年 富山ガラス造形研究所造形科卒業
2013年 同研究所研究科修了,修了展にて優秀作品賞
    「国際ガラス展・金沢2013」銀賞
    「アートフェア富山」グランプリ受賞


f0201649_1527812.png
今井瑠衣子 「組作品」2017 H29 x W10 x D24cm 金属、ガラス

今井瑠衣子 IMAI Ruiko
1991年 神奈川県生まれ
2014年 多摩美術大学美術部工芸学科卒業
     多摩美術大学卒業制作優秀作品選出
2014年 金沢卯辰山工芸工房ガラス工房入所
2015年 日本のガラス展'15 入選
2016年 第72回金沢市工芸展 名鉄エムザ社長賞
2017年 第73回金沢市工芸展 金沢市工芸協会会長奨励賞
     TALENTE 2017(ミュンヘン) 入選
     金沢卯辰山工芸工房ガラス工房修了


f0201649_15323897.jpg
小林千紗 「痂皮を纏いて」2017 H35 x W60 D55cm 紙、ガラス

小林千紗 KOBAYASHI Chisa
1988年 東京生まれ
2009年 東京国際ガラス学院造形科卒業
2012年 富山ガラス造形研究所造形科卒業
2014年 同研究所研究科卒業
    「アートフェア富山」ガラス部門特別賞


f0201649_15352133.jpg
津守秀憲 「胎動 '16-15」2017 H14 x W29 x D32cm 陶土、ガラス

津守秀憲 TSUMORI Hidenori
1986年 東京都生まれ
2012年 多摩美術大学 美術学部工芸学科卒業
2014年 富山ガラス造形研究所造形科卒業
2014年 金沢卯辰山工芸工房入所
2015年 第6回「現代ガラス展in山陽小野田」三輪審査員賞
2016年 国際ガラス展・金沢 銀賞
2017年 第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ ロナルド・ラバコ審査員特別賞



シリーズ展『ガラス造形の未来学-The Shape of Glass to Come -』



◾︎ お問い合わせ先
→ ギャラリーオーツー金沢(アクセス)
〒920-0919 石川県金沢市南町5-12-4F
Email galleryoii(at)gmail.com
TEL 090-6523-2011
※ メールは(at)を@マークに変えてください。
※ 電話はギャラリー開廊時間に準じます。




by gallery-o2 | 2017-05-12 15:15 | 2017年展覧会 Past